044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

rTMSとは?

もっともスタンダードなTMS治療プロトコル

TMS治療機器のイメージ画像

rTMSとは、Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation(反復経頭蓋磁気刺激法)の略で、一般的にTMSと呼ばれる治療はrTMSのことを指します。

TMSデバイスの手の部分に当たる8の字型コイルをあらかじめ特定した頭部の位置にあてがい、一定の間隔で反復的な磁気刺激を脳へと送り込み、それを電気エネルギーに変えて脳をピンポイントで刺激する方法になります。

一定の治療時間は要しますが、興奮と抑制の両方が可能なスタンダードなTMS治療です。

rTMS治療の特徴

ポイントのイメージ画像

一般的な高頻度rTMS治療の場合、4秒間に刺激を40発(10Hz)送ります。

各刺激間の間隔(休憩)は26秒で、合計3000発の刺激を行います。

治療時間は、おおよそ37.5分間ほどとなります。

低頻度rTMS治療の場合、1回/秒(1Hz)の刺激を送ります。

15分~30分続けて行い、900~1800発の刺激を行います。

効果を安定させるための一般的な目安として、30セッションと言われていますので、週5回ペースなら6週間、週3回ペースの場合は10週間を要することになります。
(治療と治療の間隔を開けすぎると効果が減少するため、なるべく集中的な通院をお勧めします。)

他の治療法との違い

違いのイメージ画像

TMS治療の中では最も歴史の長い伝統的な治療法ですので、他の新しいTMS治療プロトコルに比べると、これまでに治療を受けてこられた方の人数が圧倒的に多いです。

研究エビデンスも豊富に集積されており、効果や副作用などの検証が最も確立されている治療法といえるでしょう。

刺激頻度を低くすることで神経の働きを抑制することができますが、現状では抑制目的でのTMS治療では、低頻度刺激(1Hz)によるrTMS治療のみ効果が実証されています。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月11日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日