044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

物質依存患者の渇望と物質消費に対するrTMSの効果

こちらの論文は、

のページに引用しています。

左DLPFC高頻度刺激は、物質依存症の渇望と消費に有効

こちらの論文は、アルコールやニコチン、違法薬物などの物質依存症の患者さんに対するTMS治療の効果を分析したものになります。

こちらによれば、ニコチン依存症のターゲットと同じ左DLPFCの高頻度刺激のみ渇望を低下させることが示されています。

また左DLPFCだけでなく、両側DLPFCと島皮質に対するdTMSは消費抑制に効果があったことが分かります。

このように左DLPFCに対する高頻度刺激は、物質依存の治療に効果が期待できるかもしれません。

いまだ実験的な試みではありますが、物質依存症の治療にTMS治療が有効である可能性が示唆されています。

論文のご紹介

物質依存症に対するメタアナリシスおよびシステマティックレビューをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景と目的

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は、物質依存治療の介入としてますます使用されるようになってきている。

我々は、アルコール、ニコチンおよび違法薬物依存患者におけるrTMSの抗渇望効果と消費抑制効果のエビデンスを評価することを目的とした。

方法

2000年1月から2018年10月までに発表された26件の無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビューとメタアナリシスにより、ニコチン、アルコールおよび違法薬物依存患者(n=748)の渇望と物質消費に対するrTMSの効果を調査した。

自己申告の質問票または視覚的アナログスケールを用いて測定された渇望と、自己申告の物質摂取量または依存再発症例数を用いて測定された物質消費をそれぞれ一次アウトカム、二次アウトカムとした。メタ回帰の独立因子として、物質の種類、試験デザインおよびrTMSパラメータを用いた。

結果

左背外側前頭前野(DLPFC)に対する興奮性rTMSは、偽刺激と比較して渇望を有意に減少させることが示された[Hedges’ g=-0.62;95%信頼区間(CI)=-0.89~-0.35;P<0.0001]。

さらにメタ回帰により、興奮性左DLPFC刺激を使用した研究間で、刺激パルスの総数と効果の大きさの間に有意な正の相関があることが明らかになった(P=0.01)。

渇望に対する他のrTMSプロトコルの効果は有意ではなかった。

しかし物質消費を検討した場合、左DLPFCに対する興奮性rTMS並びに、両側DLPFCおよび島皮質に対する興奮性深部TMS(dTMS)は、偽刺激と比較して有意な消費抑制効果を示した。

結論

背外側前頭前野に対する興奮性反復経頭蓋磁気刺激は、物質依存患者の渇望と物質消費を抑制する急性効果があるように思われる。

抗渇望効果は刺激量と関連している可能性がある。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年2月26日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -