当院のTMS治療症例数(2020年12月~2021年12月)

治療症例数

  • 期間:2020年12月~2021年12月
  • 症例数:581名

581症例のうち適応は349例

東京横浜TMSクリニックのTMS治療導入の割合についてです。(2021年12月末まで)

東京横浜TMSクリニックでは、ご予約の段階で明らかな適応外の場合、受付スタッフによりご説明させていただきます。

そのうえで治療適応外となる患者様も多く、2~3割の患者様はご予約につながりません

ご予約いただきました患者様は、精神科医が初診で30分のお時間を確保してお話を伺わせていただきます。

そのうち、TMS治療の適応として効果が期待できる方は60%となりました。

お断り患者様のなかには、そもそもの適応外だけでなく、お薬の治療を検討されていなかった方も含まれます。

東京横浜TMSクリニックは、あくまで治療選択肢としてTMS治療を提供しておりますので、薬物療法に抵抗がない方は、まずはお薬での治療を勧めさせていただきます。

ですから治療のお問い合わせいただくうち、実際に治療いただくのは50%未満となります。

症例数としましては、581症例のうち治療適応の患者様は349例になります。

おそらく治療適応患者様の症例数としては、当院が日本で一番多いかもしれず、治療成績などを含めて研究会などで発表を行っています。

※症例数を誇示している医療機関のなかには、適応外治療が非常に多い場合がございます。

治療適応の患者様の病名

うつ症状のTMS治療適応患者様の主病名をまとめました。(2021年12月まで)

東京横浜TMSクリニックにご受診いただいた患者様につきまして、主病名をまとめました。

当院の適応は、うつ症状もしくは強迫症状を認めている患者様になります。

このようにシンプルな気分障害だけでなく、二次性うつ病と呼ばれるような、他の病気がメインの中でうつ状態を呈している患者様も非常に多いです。

主病名の病気に対する治療効果は、このような患者さんのTMS治療の経過を見ていくことで私たちの治療ノウハウとなっています。

また様々なデータを集積して解析し、TMS治療の反応予測因子などをノウハウとして蓄積しています。

治療継続率

東京横浜TMSクリニックでのTMS治療の回数をグラフにしました。(2021年12月まで)

東京横浜TMSクリニックでは、TMS治療を導入いただく患者様には20回の治療をお勧めしています。

こちらは10~20回で治療効果の実感が認められる患者様が多いことに加えて、カナダのガイドライン(CANMAT)の推奨プロトコールが20回となっていることもあります。

そして治療効果が少しでも認められた方には、30回までの治療をお勧めしています。

332名中200名もの患者様に30回の治療を受けていただき、再発予防の必要性が高い患者様には維持療法をお勧めしています。

東京横浜TMSクリニックは、「治療選択肢のひとつ」としてのTMS治療をご提案させていただきます。

安心してTMS治療を受けていただけるよう、これまでの心の治療経験を踏まえて、患者さんの立場に立ってご相談させていただきます。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年2月25日