【適応障害⑪】40代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/10月~X年/11月の39日間
  • 主訴:気力がなく、日々のことがこなせない
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回)とaTBSを組み合わせて 30回

これまでの経過

幼少期は多動で座っていられないことや、不注意がありましたが、上手く人とは付き合えていたそうです。

6年ぐらい前からは症状改善傾向で3年ほど調子がよかったのですが、出産後から抑うつ状態増悪し、薬物治療ではなくTMS治療を希望され、当院受診となりました。

精神科は初診の患者様で、多少のADHD傾向を認めましたが現在の生活には支障なく、まずはうつ状態の改善を期待してTMS治療開始することとなりました。

TMS治療経過

適応障害11の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回)とaTBSの組み合わせで30回行いました。

10回終了時は、「周りからも元気になってきたと言われる。イライラも強くなった感じはない。」とのことで、家族からは「元気になってきている。」と周りから見ても改善している様子が分かりました。

20回終了時には、「調子は悪くないと思う。意欲低下も軽減した。イライラは何とかコントロールできている。」とのことでした。

30回終了時は、「随分落ち着いたと思う。」とのことで、治療後に少し世間話をし、柔らかい表情で退出されました。

治療後のフォローとしては、ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

3日以上空けることなく、倍量iTBS(1,200発/回)とaTBSの組み合わせで30回治療を終えました。

初めの10回までは、表情が硬い様子でしたが、20回以降はとても柔らかな表情になり、世間話も少ししてくれるようになりました。

お忙しい中、3日以上空けることなく治療し、主訴である意欲低下の改善につながりました。

家族同様、治療スタッフも改善している様子がはっきりと分かった症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年2月18日