【適応障害⑥】40代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/9月~X年/10月の50日間
  • 主訴:意欲の低下、判断力・理解力の低下、イライラ、不安感
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:通常iTBS(600発/回)12回、倍量iTBS(1,200発/回)18回 計30回

これまでの経過

x年前に精神科を受診。当時は薬物治療を受けられていましたが、薬の副作用がきつく、薬への抵抗があるため当院を受診されました。

抗うつ薬(ジェイゾロフト)、漢方を内服されていました。

TMS治療経過

適応障害⑥の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、通常iTBS(600発/回)12回、倍量iTBS(1,200発/回)18回の計30回の治療を実施しました。

TMS10回終了時は、「頭痛は少しあるが気持ちは楽になってきたと思う。睡眠もとれるようになってきた」と発言され、治療効果を実感することが出来ました。

13回目からはご本人の希望で、倍量TBS(1,200発/回)に切り替え治療を続行しました。

TMS20回終了時には、「しっかり休むことにしたら気も楽になった」と発言がありました。

TMS30回終了時は、「だいぶ良いと思う」と、主訴の改善が認められました。

維持療法について提案したところ了承されたため、現在は維持療法に移行されました。

症例のまとめ

平日毎日通っていただき通常iTBSを12回行い、早期に治療効果を感じることができました。

その後ご本人様の希望で、残りの18回は倍量iTBSに変更し治療を行いました。

途中刺激強度が強く、頭痛、吐き気の症状がありましたが、強度を下げたことにより症状が消失されました。

倍量iTBSに変更後も間隔を3日以上空けることなく治療しました。

早期で効果が得られ、その後も治療に専念していただいたため、主訴である意欲低下、不安感を改善することができた症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年12月25日