【適応障害⑧】40代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/10月~X年/11月の26日間
  • 主訴:不安、集中力低下、不眠
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBSとaTBSを組み合わせて30回

これまでの経過

心療内科は初受診の方です。他院の心療内科に通院されているお子様との葛藤により抑うつ状態が発症し、当院にてTMS治療を希望されました。

睡眠導入剤(レンドルミン)、抗不安薬(デパス)を頓服的に内服されていました。

TMS治療経過

適応障害8の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBSにて1日1回と2回を組み合わせて30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分も楽になってきた」と発言がありました。

TMS20回終了時には、「2日前に、特に理由はなく不安になり眠れなくなる日があったが大丈夫。TMSは効いていると思う」と、ご本人様自体効果を感じられている様子でした。

TMS30回終了時は、「良くなったと思う。落ちこみ、不安も減少した。子供も前よりは話してくれるようになった。」と、とても明るい表情でお話されていました。

30回以降は維持療法についてご案内し、維持療法に移行することとなりました。

症例のまとめ

毎日通院し26日間と短期間で治療を終え、抑うつ状態を改善することが出来ました。

初めはとても不安そうでしたが、TMS10回目以降からは表情がとても明るくなり、TMS治療の効果をご本人様共に感じられた症例でした。

今後は維持療法として、徐々に治療回数を減らしながら治療を行っていく予定です。

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年12月25日

関連記事

【中部】甲信越・北陸・東海地方のTMS治療クリニック・病院を紹介

うつ病の治療法として、2019年に保険適応として認可された「TMS治療法」(反復経頭蓋磁気刺激療法)。 治療の副作用の少なさ、治療期間の短さ、再発率の低さが特徴賭する治療法ですが、保険診療での制約は大きく、まだあまり知ら… 続きを読む 【中部】甲信越・北陸・東海地方のTMS治療クリニック・病院を紹介

投稿日:

脳卒中による運動麻痺とTMS治療

脳卒中の後遺症である運動麻痺にTMS治療は、「効果がある可能性がある」と考えられています。 脳卒中の運動麻痺といっても様々ですが、とくに上肢麻痺(手)に対してエビデンスレベルAとなっています。 その他にも下肢麻痺など運動… 続きを読む 脳卒中による運動麻痺とTMS治療

投稿日:

脳卒中とTMS治療

脳卒中の後遺症にTMS治療は、「効果がある可能性がある」と考えられています。 その後遺症の内容によって異なりますが、上肢(手)麻痺に対してエビデンスレベルAとなっています。 その他にも失語症や下肢麻痺などにも治療が試みら… 続きを読む 脳卒中とTMS治療

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日:

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE