【不安障害③】24歳女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年3月~X年5月の40日間
  • 主訴:頭が働かない、強迫症状
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、不安、強迫症状の解消
  • TMS治療プロトコール:iTBS(1200発)とaTBS(1200発×2回)の組み合わせ30回目標

これまでの経過

1年以上前に他院精神科に受診し、不安障害と強迫性障害と診断されました。

薬(レクサプロ)を処方されていましたが、効果がありませんでした。

現在、「人と関わりたくない何もしたくない」、「咄嗟に言葉が出てこない」、「仕事で自分の作った資料等にミスがないか不安で何度も確認してしまい進めなくなる」などの強迫症状が出現しました。

退職を予定しており、新年度から資格を取るために学校へ通うことになっていました。

TMS治療経過

社交不安障害3の心理検査の結果になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

まずは問診させていただき、病状の本質は社交不安障害及びうつ状態にあると判断しました。

強迫症状は部分症状と思われ、うつ状態の悪化に伴って不安が強まり、確認行為が強まっていました。

薬物療法での効果が乏しいため、まずはうつ状態の改善を意識してTMS治療を開始することになりました。

倍量iTBS(1200発)にて週3日以上、1日1~2回のaTBSプロトコールを30回行いました。

10回目終了時、ちょうど学生生活がスタートし新しい環境になりました。

不眠は残っていましたが環境の変化によるプレッシャーなど感じることなく、気分は落ち着きを取り戻していました。人といると元気にふるまうことはできるようになりました。

30回目には、調子も良くて前向きに生活ができるほどに改善しました。

社交不安の傾向は残っていましたが、現在の生活ではコントロールできる範囲に落ち着いていており、維持療法には移行せずに経過を見ていくことになりました。

症例のまとめ

社交不安は残ってはいるものの、抑うつ状態をTMS治療によって改善することで社会生活の支障は大きく改善しました。

うつ状態を呈しているときは、まずはその治療をしっかりと行うことが大切で、TMS治療はその一助になることが経験できた症例でした。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月2日