【不安障害③】24歳女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年3月~X年5月の40日間
  • 主訴:頭が働かない、強迫症状
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、不安、強迫症状の解消
  • TMS治療プロトコール:iTBS(1200発)とaTBS(1200発×2回)の組み合わせ30回目標

これまでの経過

1年以上前に他院精神科に受診し、不安障害と強迫性障害と診断されました。

薬(レクサプロ)を処方されていましたが、効果がありませんでした。

現在、「人と関わりたくない何もしたくない」、「咄嗟に言葉が出てこない」、「仕事で自分の作った資料等にミスがないか不安で何度も確認してしまい進めなくなる」などの強迫症状が出現しました。

退職を予定しており、新年度から資格を取るために学校へ通うことになっていました。

TMS治療経過

社交不安障害3の心理検査の結果になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

まずは問診させていただき、病状の本質は社交不安障害及びうつ状態にあると判断しました。

強迫症状は部分症状と思われ、うつ状態の悪化に伴って不安が強まり、確認行為が強まっていました。

薬物療法での効果が乏しいため、まずはうつ状態の改善を意識してTMS治療を開始することになりました。

倍量iTBS(1200発)にて週3日以上、1日1~2回のaTBSプロトコールを30回行いました。

10回目終了時、ちょうど学生生活がスタートし新しい環境になりました。

不眠は残っていましたが環境の変化によるプレッシャーなど感じることなく、気分は落ち着きを取り戻していました。人といると元気にふるまうことはできるようになりました。

30回目には、調子も良くて前向きに生活ができるほどに改善しました。

社交不安の傾向は残っていましたが、現在の生活ではコントロールできる範囲に落ち着いていており、維持療法には移行せずに経過を見ていくことになりました。

症例のまとめ

社交不安は残ってはいるものの、抑うつ状態をTMS治療によって改善することで社会生活の支障は大きく改善しました。

うつ状態を呈しているときは、まずはその治療をしっかりと行うことが大切で、TMS治療はその一助になることが経験できた症例でした。

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年9月2日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

体に負担を与えずに脳にアプローチする治療法として、近年注目を集めている「TMS治療法」。心の病気に対する、新たな治療効果が期待されています。 世界中でエビデンスが蓄積されつつあるTMS治療ですが、日本でも正式な適応が認め… 続きを読む TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

投稿日:

当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

治療成績 病名:うつ病 期間:2022年1月~2022年12月31日 症例数:117名(30回実施214名) 寛解率56% 反応率79%程度 2022年1月から、2022年12月末までに30回以上実施したうつ病・うつ状態… 続きを読む 当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

投稿日:

当院の強迫性障害TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

治療成績 病名:強迫性障害 期間:2022年1月~2022年12月末 症例数:25名(データ:16名) 30%改善:50% 2022年1月から、2022年12月末まで1年間の全症例のうち、強迫性障害として急性期治療終了と… 続きを読む 当院の強迫性障害TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日: