うつ病・統合失調症・アルツハイマー病の認知プロファイルに対する前頭前野rTMSの効果:システマティックレビュー

こちらの論文は、

のページに引用しています。

うつ病患者には認知機能を向上させる可能性あり

こちらの論文は、TMS治療の認知機能への影響について、発表された論文を網羅的に検索して評価した研究報告になります。

慶應大学のメンバーで行われた研究で、まさにTMS治療の認知機能への影響をお聞きした際に、野田先生よりご紹介いただきました。

うつ病と統合失調症、アルツハイマー病の患者さんのいずれにおいても、認知機能における有害事象の報告はありませんでした。

すくなくともTMS治療は、認知機能に対してネガティブな影響はないと思われます。

うつ病の患者さんに対しては、実行機能および注意に対して、認知促進効果が発揮される可能性が示されました。

このことは中高年のうつ病の患者さんにとって、認知機能改善が期待できる可能性がありますので、お薬の治療と比べたメリットになるかもしれません。

論文のご紹介

認知機能障害におけるTMS治療のシステマティックレビューをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

アブストラクト

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は、さまざまな神経精神疾患に対する有効な臨床介入である。

しかし、rTMSが認知機能に影響を与えるかどうかは、まだ明らかになっていない。

本レビューでは、うつ病、統合失調症、アルツハイマー病におけるrTMSの認知機能への影響を系統的に評価することを目的とした。

PubMed(1996~2018)を設定された用語で検索し、うつ病、統合失調症、アルツハイマー病の患者において、背外側前頭前皮質(DLPFC)に処置されたrTMSの効果を検討し、認知機能を評価したランダム化比較試験(RCT)をレビューした。

2人の著者がそれぞれの論文をレビューし、除外基準と組み入れ基準について合意を得た。

すべての適格な研究をレビューし、重複を削除し、個別にデータを抽出した。

検索の結果、579件の論文が見つかり、そのうち31件が除外基準と組み入れ基準を満たしていた。

そのうち、うつ病患者を対象とした研究が15件、統合失調症患者を対象とした研究が11件、アルツハイマー病患者を対象とした研究が5件であった。

具体的には、6件の研究で、これらの疾患全体で実行機能の有意な改善が示された。

さらに、これらのrTMS研究では、認知機能の有害事象に関するエビデンスは認められなかった。

適用した認知機能測定法、刺激パラメータ、参加者などの点で研究間の不均一性があるため、結論を一般化する能力には限界がある。

しかしながら、本レビューでは、前頭前野に対するrTMSは、一部のうつ病患者において実行機能と注意に認知促進効果を発揮する可能性があるが、特に統合失調症とアルツハイマー病の患者においては、検討したいずれの領域においても一貫した認知効果が得られないことが示された。

これらの結果は、様々な神経精神疾患における認知機能の体系的な評価を含む、さらなるrTMS研究を必要としている。

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年6月27日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

体に負担を与えずに脳にアプローチする治療法として、近年注目を集めている「TMS治療法」。心の病気に対する、新たな治療効果が期待されています。 世界中でエビデンスが蓄積されつつあるTMS治療ですが、日本でも正式な適応が認め… 続きを読む TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

投稿日:

当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

治療成績 病名:うつ病 期間:2022年1月~2022年12月31日 症例数:117名(30回実施214名) 寛解率56% 反応率79%程度 2022年1月から、2022年12月末までに30回以上実施したうつ病・うつ状態… 続きを読む 当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

投稿日:

当院の強迫性障害TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

治療成績 病名:強迫性障害 期間:2022年1月~2022年12月末 症例数:25名(データ:16名) 30%改善:50% 2022年1月から、2022年12月末まで1年間の全症例のうち、強迫性障害として急性期治療終了と… 続きを読む 当院の強迫性障害TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日: