044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

cTBSとは?

短時間で脳を抑制する治療プロトコル

TMS治療機器のイメージ画像

cTBSとは、Continuous Theta Burst Stimulation(持続的シーターバースト刺激)の略で、iTBSとは同じデバイスを用いる治療になります。

iTBSが脳の活動を活性化させるのに対し、cTBSは逆に抑制させる方向に作用します。

持続的に刺激を加えることで脳の働きを抑制できるといわれており、短時間での治療が行えます。

低頻度rTMS治療と比べて、治療効果が確立できていないのがデメリットです。

cTBS治療の特徴

ポイントのイメージ画像

iTBSが2秒間の刺激時間の合間に8秒間のインターバルを置くのに対し、cTBSではインターバルを置くことなく、2秒×20回分を連続して刺激を与え続けます。

このため1セッションは40秒と非常に短く、総刺激数はiTBS同様に600発になります。

cTBSは抑制目的の治療プロトコールですが、短時間で行えることがメリットになります。

他の治療法との違い

違いのイメージ画像

rTMSやiTBSが基本的にはシナプスの動きを活性化させ、脳の機能を高めることを目指すのに対して、cTBSは逆の方向の抑制に作用すると考えられています。

低頻度刺激rTMS治療と同様の効果が期待されましたが、cTBSだけでの効果は実証がほとんどなされていないのがデメリットです。

おもに他の治療法との組み合わせでの増強効果が研究されています。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月11日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日