044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

【うつ病㊺】30代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/9月~X年/10月の47日間
  • 主訴:不眠、だるさ、イライラ、過食
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:通常TBS(600発/回) 30回  

これまでの経過

X年に抑うつ状態になり、他院へ通院されていた方です。

数年後症状悪化により入院され、その後4年間症状は安定していました。

妊娠を機に症状が再発し、他院で気分変調症と診断され薬物治療を行いましたが効果が得られず、当院に受診されました。

抗うつ薬(レクサプロ)、睡眠薬(ベルソムラ、レンドルミン、レスリン)、抗不安薬(レキソタン)を内服されていました。

TMS治療経過

うつ病症例45の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、通常TBS(600発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「少し頭痛が気になるが続けられそう」と発言され、治療への意欲を感じられました。

TMS20回終了時は、「受けていてあまり変化はない。悪くなった感じも特に強くない」と発言がありましたが、ご家族から見ると初診時より改善しているように感じられたため、治療を継続することにしました。

TMS30回終了時、「やる気が出るようになった。元気が出過ぎている感じはない。睡眠もとれている」と効果を実感され、表情も良く主訴も改善されました。

その後は維持療法の適応のため、維持療法について案内しました。

症例のまとめ

平日特別プランの方だったため、平日の午前中で治療間隔は3日以上空けずに通院して頂きました。

治療20回目まではご本人様自体は特に治療効果を感じられることがありませんでしたが、30回目を終えた頃にはご本人様も治療効果を感じられ、落ち込みやだるさを改善することが出来ました。

長年薬物療法を行っても効果が認められなかった方にも、iTBSを30回までしっかりと行うことで、薬物療法の反応性とは関係なく治療効果が認められた症例でした。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年12月25日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -