【うつ病⑤】59歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/6月~X年/6月の18日間
  • 主訴:うつ病の遷延・無気力感・入眠困難
  • TMS治療の目的:抑うつ状態や不安の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBS(1,200発/回)30回、2回/日のaTMS

これまでの経過

うつ病と診断を受けて13年半、薬物治療行うも改善せず、近年は更に症状が悪化されていました。

他院の主治医よりTMS治療を勧められ、当院に紹介来院されました。

上記病状により、トリンテリックス・レスリン(抗うつ薬)、ソラナックス・レキソタン(抗不安薬)、ベルソムラ(睡眠薬)、ビプレッソ(双極性障害治療薬)を内服中でした。

TMS治療経過

うつ病症例5の心理検査の結果になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、1日1回治療と2回治療の組み合わせで、倍量TBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は気分に変化ありませんでしたが、TMS20回終了時では、「なんか変わってきた感じがする。いい方向だと思う。睡眠もとれるようになった。食欲もある。」と症状の改善が認められました。

TMS30回終了時には、「調子悪くない。落ち込み・不安が減った。」と効果を実感されていました。

長年遷延したいたうつ症状の著明な改善が認められたため、維持治療へ移行しています。

症例のまとめ

治療間隔1~2日と時間を空けずに治療を受けて頂き、毎回1日2回治療を行うことで、18日間という短期間で症状改善に至りました。

薬物療法でも13年以上苦しまれていた方が、メカニズムの異なるTMS治療で寛解にいたった症例です。

薬物抵抗性うつ病に対する治療手段としての、TMS治療の可能性を大きく感じさせられます。

保険適応のTMS治療も対象となる患者さまでしたが、治療までの期間や柔軟性から、主治医の先生から当院にご紹介いただきました。

近隣医療機関から信頼にこたえることができ、またこのように患者様の苦しみを取り除けたことは、治療スタッフ一同大変やりがいを感じた症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年7月24日