【うつ病㊿】50代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/3月~X年/4月の51日間
  • 主訴:気分の落ち込み、体の怠さ、不安
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回) 30回 

これまでの経過

うつ病により、9年前から通院歴がありますが、薬物療法では改善が認められないとのことでした。

数か月前より抑うつ気分の悪化を認め、TMS治療をご希望のため当院へ来院されました。

抗うつ剤(ミルタザピン)、抗精神病薬(ラツーダ)、睡眠薬(フルニトラゼパム)、抗てんかん薬(ラミクタール)を服用されていました。

TMS治療経過

うつ病症例50の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、左DLPFCに対する倍量iTBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「頭痛はあったが今は大丈夫です。少し気持ちも上向きになりました。睡眠も食欲もとれています。」と、症状の軽減が見られていました。

TMS20回終了時には、「頭の中で整理がつくようになってきました。 前まではドヨっとしたのがスッキリしてきました。希死念慮も弱くなっています。」とのことでした。

TMS23回終了時には、「不安もあるので、右の治療も気になっています。 仕事のことを色々考えてしまいます。」とのことで不安症状は改善が見込めず、30回目まで様子をみました。

TMS30回終了時は調子も良く、「前より調子はよくなっていると思います。」と、左の治療を無事に終えられました。

落ちこみや、不安はまだあるのでそちらの治療もしていきたいです。」と御本人の希望があり、右DLPFCに対する低頻度rTMS(1,800発/回)を検討することになりました。

心理検査上では、HAM-D、MADRS共に50%以上の改善が認められていましたが、御本人の不安症状改善目的に右DLPFCに対する治療も継続していくことになりました。

症例のまとめ

薬物療法で奏功しない抑うつ状態に対して、TMS治療が改めて有効であると感じられる症例でした。

不安改善のために右DLPFCに対する治療を追加し、不安症状も軽減した症例となります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年4月30日