【うつ病⑧】42歳女性

プロフィール

  • 治療期間:X年6月~X年8月の64日間
  • 主訴:うつ
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:aTBS(1200発×2回)30回

これまでの経過

学校で勤務しており、5年前からストレスチェックで引っかかり気味でした。

今年から初めて高学年を受け持つことになったことがきっかけで、スクールカウンセラーから抑うつ状態を指摘され、TMS治療を紹介されました。

TMS治療経過

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

aTBS(1200発×2回)のプロトコールを30回行いました。

10回目終了時は睡眠が深くなり落ち込みも軽減し、「自分のせいじゃないなと思えるようになった」と効果が現れ始めました。

20回目には仕事は忙しいが「すごく落ち込むことはなくなった」「全体としては楽になっていると思う」と効果を実感しました。

30回目終了時には、「落ち込みも不安もなくなり、抑うつが大きく解消されました」と、寛解状態となりました。

治療後のフォローとして夏休み明けに向けて維持療法へ移行することになりました。

症例のまとめ

学校が夏休みを迎えたこともあり、短期間で集中的に治療することでうつ状態が寛解しました。

維持療法へ移行し、夏休み明けにも良い状態が保てることを目指しています。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月26日