044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

MCI患者に対するドネペジルの投与

こちらの論文は、

のページに引用しています。

MCIに認知症治療薬は非推奨

こちらの論文は、認知症治療薬として発売されているお薬の研究を網羅的に調べて、MCI(軽度認知機能障害)に対する効果と安全性を検証した論文になります。

結果として、MCIの患者さんに対しては認知機能の有意な改善効果を認めることはできませんでした。

むしろ胃腸障害を中心に、副作用によるデメリットの方が強くあらわれています。

このためMCIに対しては、認知症治療薬は推奨されていません

論文のご紹介

認知症治療薬のMCIへの効果と安全性を調べたメタアナリシスになります。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

コリンエステラーゼ阻害薬やメマンチンなどの認知機能改善薬は、認知症の治療に用いられているが、軽度認知障害に対する有効性は不明である。

我々は、軽度認知障害に対する認知機能改善薬の有効性と安全性を検討するためにシステマティックレビューを行った。

方法

組み入れ対象としたのは、ドネペジル、リバスチグミン、ガランタミン、メマンチンの軽度認知障害に対する効果を報告した研究で、認知、機能、行動、グローバルな状態、死亡率や有害性を評価したものであった。

電子データベース(MEDLINE、Embaseなど)、対象とした研究の参考文献、試験登録、会議録の検索、および専門家への問い合わせにより、関連資料を確認した。

2人の審査員が、文献検索の結果を独立して審査し、データを抽出し、Cochrane risk-of-bias ツールを用いて偏りのリスクを評価した。

結果

15,554件のタイトルと抄録、1384件のフルテキストの論文をスクリーニングした。8件のランダム化臨床試験と3件のコンパニオンレポートが、組み入れ基準を満たしていた。

その結果、認知機能改善剤の認知(Mini-Mental State Examination:ランダム化臨床試験[RCTs]3件、平均差[MD]0.14、95%信頼区間[CI] -0.22~0.50;アルツハイマー病評価尺度-認知サブスケール:3RCTs、標準化MD -0.07、95%CI -0.16~0.01])または機能(Alzheimer’s Disease Cooperative Study activities of daily living inventory:2RCTs、MD 0.30、95%CI -0.26~0.86)に対する有意な効果は認められなかった。

認知機能改善薬は、プラセボと比較して、悪心、下痢、嘔吐のリスクが高かった。

解釈

認知機能改善薬は、軽度認知障害の患者の認知機能を改善せず、胃腸障害の高いリスクと関連していた。

今回の結果は、軽度認知障害に対する認知機能改善薬の使用を支持するものではない。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年7月29日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -