044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

TMS治療の流れのページに引用しています。

最低5回、基本的に10回の計測が必要

こちらの論文は、TMSを行うにあたって、その刺激強度の決定に必要なMEPを測定するのに必要な刺激数を調べたものになります。

どれくらいの強度で磁気刺激を行うのが適切かは、親指を動かすことに関係する運動野をTMS刺激することで決定します。

TMS刺激をしたときに50%程度の反応がある強度を、安静時運動閾値(rMT:resting motor threshold)と呼びます。

脳の刺激の反応はひとそれぞれで、日本人は一般的にrMTが高めといわれています。

この値をもとに実際の刺激強度を決定していくのですが、それを評価するのに必要なTMS刺激数を同定した論文になります。

最低5回の刺激は必要で、10回の刺激を行うことで安定した数字が確認できたという結論となり、当院でも10回刺激して5回の反応がある値をrMTと設定しています。

サマリーのご紹介

TMSでのMEP計測に必要な刺激数

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

経頭蓋磁気刺激(TMS)は、中枢神経系の構造と機能を評価するための非侵襲的な手段である。

現在の方法では、参加者の頭皮の標的領域を複数回刺激している。

TMS評価中に提供される刺激の数を減らせば、時間効率が改善され、被験者へ要求も減るだろう。

しかしそうすることで、この手法のセッション内またはセッション間における信頼性が損なわれる可能性もある。

そこで本研究の目的は、(i)単一の頭蓋部位における標的筋の皮質運動興奮性、および(ii)複数の頭蓋部位における標的筋の一次運動皮質表象の分布を確実に測定するために必要なTMS刺激の最小数を決定することであった。

方法

2015年5月以前に発表された診断信頼性の高い研究を特定するためにデータベース検索を行った。

2人の独立したレビュアーが、(i)単一の頭蓋部位における皮質運動興奮性、または(ii)複数の頭蓋部位にまたがる標的筋の皮質組織分布を測定するためにシングルパルスTMSを採用した研究からデータを抽出した。

アウトカムとして、運動誘発電位振幅、地図体積、地図活性部位の数および地図重心の位置が含まれていた。

結果

1つの頭蓋部位に送達された刺激の数を変化させた場合の信頼性を比較した研究のみが選ばれた。

セッション内の優れた運動誘発電位(MEP)振幅の信頼性(クラス内相関係数(ICC)=0.92、95%信頼区間0.87~0.95)を生み出すためには、最低でも5回の刺激が必要であった。

健常者の間で一貫したセッション間MEP振幅を達成するためには、10回の刺激が必要であった(ICC=0.89、95%信頼区間0.76~0.95)。

しかしながら、セッション間の信頼性は、参加者の特徴、セッション間の間隔および標的筋に影響された。

結論

マルチサイトTMSマッピングの信頼性については、さらなる調査が必要である。

1つのセッションを含むシングルサイトTMS調査では、信頼性の高いMEP記録の作成には5回の刺激が必要である。

複数のセッションを含むシングルサイト解析では、健康な参加者や上肢筋群の皮質運動興奮性を調査する場合には、10回の刺激が推奨される。

しかし、臨床集団や下肢を対象とした評価では、より多くの刺激が必要になるかもしれない。

最適なMEPのための刺激数

単一部位におけるMEP振幅のセッション内信頼性。ICC:クラス内相関係数

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年2月4日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -