044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

高齢者における経頭蓋磁気刺激(TMS)

こちらの論文は、

のページに引用しています。

高齢者の認知機能に有用な可能性あり

こちらの論文は、高齢者に対するTMS治療についてをテーマに、総論的にレビューした論文になります。

TMS治療は忍容性が高く副作用が少ないので、高齢者に対する治療としては有用と考えられています。

とくに認知機能という観点では、副作用としての心配がないばかりでなく、治療として役立つ可能性もあることが分かってきています。

こちらの論文では、若い人と高齢者の違いも記述されており、ざっくりとお伝えすると若い人よりは効果が乏しく、遅いという結果となっています。

脳の萎縮などが認められている場合もあり、構造上もTMS治療がしっかりと実施できない可能性もあります。

このため、強度を十分に高めて実施したり、広範囲に届くプローブを使用したりといった工夫で、高齢者のTMS治療も成績の向上が見込まれるかもしれません。

論文のご紹介

高齢者のTMS治療についてのレビューになります。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

レビューの目的

この論文の目的は、老年精神医学において重要な意味を持つ経頭蓋磁気刺激(TMS)のアプリケーションを選択してレビューすることである。

最近の知見

高齢者を対象とした多くのTMS研究は、研究規模が小さく、パラメータのばらつきがあるため、一般化には限界がある。

また、老年期の患者には、TMSの有効性を弱めるような独特の特徴がある。

そのような背景があるにも関わらず、FDAが承認した大うつ病への適応に加えて、いくつかの有望な適応拡大先候補が浮上している。

認知機能障害、神経因性疼痛、禁煙は、高齢者にとって特に重要な適応拡大先候補である。

認知機能障害は、高齢者において最も研究されており、これまでのところ、TMSが治療に役立つ可能性を示す証拠がある。

また、現役世代の神経因性疼痛や禁煙に対するTMSの有用性を示唆する証拠もある。

TMSは、安全で忍容性の高い治療法であり、認知的な副作用もないことが一貫して報告されている。

TMSは安全な治療法であり、高齢者においても特定の適応には有効である。

この結果を再現し、高齢者のための治療プロトコルを最適化するためには、特に高齢者を対象とした追加研究が必要である。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月22日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -