睡眠不足による認知機能低下に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果:ランダム化試験

こちらの論文は、

のページに引用しています。

睡眠不足にも認知機能にプラスの影響?

こちらの論文は、睡眠不足での認知機能低下に対するTMSの効果を、実刺激と偽刺激にランダムに分けて比較した研究になります。

24時間の不眠負荷を与えて、認知課題をはじめとしたデータをとり、左DLPFC高頻度刺激と偽刺激で比較しています。

結論としては、左DLPFC高頻度刺激が、生理学的にプラスの影響が認められ、長期的な認知機能障害を改善させる可能性がしめされています。

このようにTMS治療は、健康な方の一時的な認知機能低下に対しても効果があるかもしれません。

論文のご紹介

睡眠不足での認知機能低下に対するTMSの効果を検証した論文をご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

目的

現在、睡眠不足(SD)による認知機能障害を効率的に改善する方法はない。

本研究の目的は、SD中の高頻度反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)がSDの悪影響を回復させる効果を評価することである。

方法

健常者66名をrTMS群と偽刺激群に無作為に割り付けた。

両群とも24時間睡眠を奪われた。

SDの間、参加者はいくつかの認知課題をこなすよう求められ、気分の評価を受けた。

唾液コルチゾールレベル、脳由来神経栄養因子(BDNF)、前駆体BDNF(proBDNF)、組織型プラスミノーゲン活性化因子(tPA)の血漿中濃度、前頭葉における血流活性化がSDの前後で検出された。

rTMS群には左背外側前頭前野に10HzのrTMS(50パルス×40トレイン、20秒のトレイン間間隔)を2セッション、偽刺激群にはSD中に偽刺激を与えた。

結果

24時間のSDは、健常者において、Nバック課題の正確性の低下、不安と抑うつの両方の増加、コルチゾール値の上昇、前頭葉における血流活性化の低下、BDNF値の減少を誘発した。

特に、rTMSはSDによって誘発される視床下部-下垂体-副腎軸の過活動と前頭葉における血流の減少を改善し、血漿中のproBDNFの消費を減少させることが示された。

結論

24時間のSDは、認知機能障害を誘発した。睡眠不足時の高頻度rTMSによる刺激は、HPA軸と前頭部の活性化に良い影響を及ぼし、長期的には認知機能障害を緩和する可能性がある。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年3月5日