044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

aTMS・aTBSとは?

治療期間を最短2週間まで短縮できる集中治療プロトコル

TMS治療機器のイメージ画像

aTMSとは、Accelerated TMS(加速化TMS)の略で、名称が示唆する通り、rTSMやiTBSを1日2回以上行うことで治療を加速化し、治療期間をぐっと短縮するプロトコルとなります。

1回の治療方法はrTMSやiTBSと同様で、治療スケジュールを短期集中して行っていきます。

30回のセッションを最短2週間で行うことができます。

aTBSは興奮(脳の活性化)を目的としたTMS治療で可能になります。

aTBS治療の特徴

ポイントのイメージ画像

aTMS治療では、 rTMSやiTBSを一日に最大3回までの範囲で、複数回のセッションを行います。

そのため、治療期間は2~4週間程度まで短縮されることになり、遠方の方でも、休暇中などに治療目的でお越し頂き、短い滞在期間中に集中治療を受けることも可能となります。

受験生や休職期限が迫っている方など、早期の回復が望まれる場合に、効果を期待することができます。

他の治療法との違い

違いのイメージ画像

短期集中治療によって早い回復効果が期待でき、病気による損失を少なくできる治療として研究がすすめられています。

<@>まだまだ新しい分野ですので、更なるエビデンスの蓄積が待たれますが、通常のTMS治療よりも効果的であるとする報告もあります。

先行するアメリカでは、1日10回×5日=計50回の集中治療のaTBSで得られた寛解率が90%に上るという驚愕の報告(スタンフォード式ニューロモジュレーション治療)がなされています。

日本国内での保険適用はなされない治療法ですが、当院では短期集中治療としてaTMSを導入しております。

短期集中TMS治療

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月11日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日