044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

TMS治療の効果を高めるためにできる10のこと

日本での心の治療は、薬物療法や心理療法が主流となっています。

その中で自費診療であるTMS治療にたどり着いた方は、様々な背景があります。

TMS治療は負担も大きいですし、なるべく効果を高めていきたいかと思います。

こちらの記事では、TMS治療の効果を高めることにできることをご紹介していきます。

①治療頻度をこまめに

TMS治療のイメージ画像です。

TMS治療の効果を高めるために最も重要なことは、治療頻度を多くすることです。

TMS治療は、脳の神経細胞に働きかけて神経の柔軟さ(神経可塑性)を高めることで治療効果を発揮します。

1回の刺激ではしばらくして効果が薄れてしまいますが、刺激を重ねていくことで効果の持続性が高まっていきます。

このような治療ですから週1回では効果が期待しづらく、週3回以上、できれば週5回の集中治療の方が効果的です。

当院では1日の刺激量を工夫することで、週2回で治療効果が期待できるように工夫していますが、通院頻度は多いほど効果が期待できます。

ですからなるべく、短期で集中的に治療を受けていただく方が効果が期待できます。

脳のトレーニングと思っていただき、一貫して繰り返しトレーニングしたほうが効果も高まります。

行動活性化にもつながる

通院頻度が多くなることは、「行動活性化」にもつながります。

外出するのがおっくうな時に、食べ物を買いに外出したとします。晴れた日に出かけてみると、「意外と気持ちが良いものだな」と感じたことはありませんか?

このように、行動してみることで気持ちが前向きになり、「外出するのは気持ちが良いものだな」と認知が変化することもあります。

TMS治療を受けに通院すること自体で、行動活性化することにつながります。

TMS治療と行動活性化療法を併用することは、特にデメリットもなく効果が期待できるという報告もあります。【大うつ病性障害の治療中での行動活性化療法】

日記をつけてみるだけでも、自分自身の認知の変化に気づけたりしますのでお勧めです。

ぜひ以下のページを参考にしていただき、行動活性化療法に取り組んでいただけると嬉しいです。

行動活性化療法

TMS治療中にできること

TMS治療中のシナプスの画像になります。

それではTMS治療にあたって、治療効果を高めるために何ができるでしょうか?

  • 治療前後
  • 治療中

に分けてみていきましょう。

治療前後

治療前後では、当たり前のことかもしれませんが、規則正しい生活が大切です。

②睡眠をよくとる

睡眠はとても大切です。

TMS治療では脳に刺激を与えるため、頭を使ったのと同じように脳に疲労を与えます。

それが睡眠を深くさせてくれることがあり、TMS治療の効果として熟眠感などの睡眠改善をはじめに認めることが多いです。

睡眠障害が目立つ方に、TMS治療の効果が期待しやすいという報告もされています。

睡眠不足はけいれん発作を引き起こしやすくもなりますので、なるべく睡眠をとるように意識してください。

③バランスの良い食生活

健康的でバランスのとれた食生活は、治療中の脳のエネルギーを維持するのに大切です。

またビタミンや鉄、亜鉛といった栄養素がバランスよくとれることで、何らかの改善が期待できるかもしれません。

うつ病と食事・栄養

④水分をしっかりととる

十分に水分を取ることも大切です。

成人では60~65%は水分でできており、細胞の活動のバランスを整えるためにも水分は大切です。

脱水状態はけいれんリスクも高めますので、十分に水分をとることで脳機能を保ち、倦怠感などを軽減する可能性があります。

⑤なるべく体を動かす

運動は心身に良いことは感覚的にも理解しやすいかと思います。

TMS治療中に体を動かすことで行動活性化するだけでなく、熟眠感など睡眠の改善も期待できます。

うつ病と運動

⑥カフェインは控えめに

カフェインには覚醒作用があります。

1杯のコーヒー(カフェイン150mg程度)では、脳の皮質興奮性に影響を及ぼさないという報告があります。【カフェインは皮質運動性の測定に影響しない】

むしろカフェインの覚醒作用によって、治療の刺激パルスの効果を高める可能性があります。

ですが不安が強い方はカフェインを避けるべきですし、中毒をきたす450mg以上のカフェインは控えるべきです。

ですからカフェインは、ほどほどに控えていただくことが望ましいです。

⑦アルコールを控える

アルコールは抑制作用があります。

TMS治療の間は多少の飲酒で効果が大きく変化することはないですが、なるべく飲酒は控えたほうが効果が期待できます。

治療中にいきなり飲酒を中断することもけいれんリスクにつながるので、できれば計画的にアルコールを控えて治療に臨めることが理想です。

治療中

つぎに、治療中にできる工夫をみていきましょう。

⑧治療中は居眠りしない

TMS治療中は、覚醒を維持している方が治療効果が期待できます。

これには2つの理由があります。

  • 居眠りで脳の働きが抑制される
  • プローブの位置がずれてしまう

睡眠状態は脳の働きが抑制されてしまいます。

もう少し正確にお伝えすると、睡眠中の脳のネットワーク(視床―皮質ネットワーク)になると、外部の刺激に対して鈍感となります。

脳の皮質に刺激しても反応が抑制されてしまうので、TMS治療の効果が薄れてしまいます。

また治療中に居眠りしてしまうと、頭の位置がづれてしまうことがあります。

刺激部位がずれてしまうと、効果が期待できなくなってしまいます。

⑨なるべく頭を使う

治療中はなるべく覚醒を保ち、頭を使ったほうが良いです。

その日の予定や夕食のことなど、計画など立てていただくと良いです。

頭を動かさなければ、スマホや本を見ていただくことも良いかと思います。

けいれん発作を高めるリスク

TMS治療の稀ですが注意が必要な副作用として、けいれん発作が挙げられます。

けいれん発作を起こしやすい要因としては、

  • 寝不足
  • アルコール
  • 低血糖
  • けいれんを惹起しやすい薬物(三環系抗うつ薬など)
  • rTMS中の居眠り
  • 薬物療法の変更(急な減薬)

などが挙げられます。

TMS治療の副作用と安全性

⑩TMS効果を高めるためのお薬の調整

TMS治療を行っていくにあたって、お薬の調整で効果を高めることができます。

しかしながら急な減薬は、けいれん発作のリスクを高めてしまうことがあります。

必ず主治医と相談して、お薬の調整をしていきましょう。

抗うつ剤

抗うつ剤については、併用していくほうが治療効果は期待できます。

抗うつ剤とTMS治療は、どちらも異なるメカニズムになります。

この2つを併用することで、効果が高まると報告されている。【治療抵抗性うつ病に対する片側および両側rTMS:20年にわたるランダム化比較試験のメタアナリシス】

ベンゾジアゼピン系(抗不安薬・睡眠薬)

抗不安薬や睡眠薬のうち、ベンゾジアゼピン系に分類されるお薬は、減量するとTMS治療の効果は強まります

これはアルコールや治療中の居眠りと同様ですが、脳の皮質を抑制してしまいますので、TMS治療による刺激が減弱してしまうのです。

急な減薬は負担が大きくなりますので、できる範囲で行っていただくことが望ましいです。

なるべくTMS治療の前はベンゾジアゼピン系のお薬を飲まずに我慢いただき、頓服などの使用を控えていただく方が、治療にとっては良い方向につながります。

治療効果を焦らない

TMS治療を開始すると、効果の実感をすぐに期待したくなってしまいます。

ですがTMS治療の効果は、個人差があります。

5~6回程度の治療で効果の実感が出てくる方もいらっしゃいますが、15~20回くらいして効果を感じられる方もいらっしゃいます。

この違いは、「神経の結びつきやすさ(神経可塑性の大きさ)」に関係しています。

ですから少なくとも20回までは、「焦らず我慢」していただくことも必要です。

TMS治療は最終手段ではありません。

TMS治療の効果が乏しくても薬物療法や心理療法が有効な場合もありますし、さらに治療効果が実証されている方法としてECT(電気けいれん療法)もあります。

焦らずにTMS治療の効果をそのままに感じていただくことが、結果的に治療効果につながります。

TMS治療の効果

TMS治療をご検討の方へ

安心してTMS治療を受けるためには、信頼できる医療機関を選びがとても大切です。

「心の診療経験が十分か」「治療費は適切か」「信頼性の高い機器を使用しているか」など、確認できるポイントを医療機関のホームページなどでチェックするといいでしょう。

また、無理なく治療を継続するためには、自宅からの通いやすさも重要です。

当院は都心から15分圏の「武蔵小杉駅」にあります。TMS治療をお考えの方は、ぜひご検討ください。

執筆者紹介

大澤亮太の画像

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月27日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日